くまの食堂のごはん

 

くまの食堂のお昼ごはん 1,200円
※ミニデザート付
※デザートなしは1,000円
※飲み物 各200円〜

 

くまの食堂のお昼ごはんのメニューは

おまかせで、1種類。

野菜のおかずと汁物、それとごはん。
お肉、お魚、卵、乳製品は使っていません。

季節の野菜を中心に、その時手に入るいろんな種類の野菜を使った
きまぐれメニューです。

味付けは主に、塩、醤油、味噌。

他にお酢、香菜(しょうが、にんにくなど)やハーブも少々。
油も使いますが、ごま油を香りづけに少量使うなど、極力控えています。

ミニデザート以外の料理には、砂糖や甘味料はほぼ使いません。
デザートも、入れる時はメープルシロップやきび砂糖などの自然なものを。

家族の健康を願って毎日毎日つくっているごはんと同じものを、
くまの食堂でもお出しする、本当の「おうちごはん」です。

 

 


毎月第1金曜・土曜日はローフードDay。

ローフードとは、raw =生の、 food=食べ物。
食材を生で食べることで、加熱による栄養を損なわず丸ごと摂取することができます。

生の野菜=サラダというイメージを変える、簡単でおいしくてヘルシーなお料理です。

ローフードDAY 1,200円

※ワンプレートランチ・スープ・スムージーなど。日によって内容が変わります。
※飲み物 各200円〜

 

 

 


今、多くの人は、ちまたに溢れるいろんな食べ物の何を食べてもいいと思っているように感じます。

でも、私たちも自然界の中で生かされている他の動物たちと何ら変わりありません。
自然の法則を無視して、人間だけが何を食べても健康でいられるということはありません。

「ナチュラルハイジーン」という、19世紀初めにアメリカの医師たちによって
学問的に統計づけられた「生命の法則」に従って
生きることの重要性を説く健康理論ではこのように言われています。

「私たち人間は、健康であることがノーマルであり、
身体が必要とする条件さえ与えれいれば、健康は保たれる。

健康とは、健康に必要な要素を身体に与えるという、
自らの責任で行う健康的な生活の結果である。」

くまの食堂では、
私たちのからだを健康に保つのに必要な栄養を豊富に含む野菜や果物を、
生でおいしく食べられる物は生で、
加熱する場合も皮をむかず、アクも抜かず、煮汁もこぼさず、
野菜の栄養や旨味を極力キープする重ね煮の調理法でつくっています。

 

 

 

 


娘のアトピー性皮膚炎を、薬に頼らず根治させたいと思ったとき、
食事改善は必須でした。

野菜中心でも家族ががまんせずおいしく食べるにはどうしたらいいのか?
その時出会ったのが、梅崎和子先生と「いんやん倶楽部」の重ね煮調理法です。

重ね煮は食材を鍋に「陰」から「陽」の順に重ねていきます。
簡単に言うと、

「陰」の野菜は、主に土から上に、空に向かって伸びていきます。
「陽」の野菜は、主に土の下にでき、地球に向かって伸びていきます。

お鍋の中で、「陰」の野菜は上に向かって、「陽」の野菜は下に向かって
エネルギーや旨みが出て、鍋の中で混ざり合い、
だしを入れなくても、少量のシンプルな調味料でもおいしく仕上がります。

くまの食堂では、重ね煮ならではの、
いろんな野菜料理を気軽に召し上がってください。
※重ね煮に関する解釈は個人的なものです。